資生堂のジョブ型雇用を解説!これから求められる意外なスキルとは?

カテゴリ: 一般公開
資生堂では、ジョブ型人事制度を全社導入する方針を掲げています。資生堂の魚谷社長は、2014年に役員を経由しないで、外部の出身者として史上初のCEOに就任した人物です。 それ以降、戦略の策定や組織文化の改革などを実行しています。おそらくジョブ型人事制度も、この長期戦略の一環として行われているのでしょう。 今回は、資生堂のジョブ型人事制度の内容を解説しつつ、必要とされるスキルについて迫っていきます。 資生堂がジョブ型人事制度を全社導入 ※出典2020年 第2四半期/上期実績(1-6月)および通期見通し(株式会社 資生堂) 資生堂のホームページで公開されている「2020年 第2四半期/上期実績(1-6月)および通期見通し」という資料では、「ジョブ型人事制度の全社導入」という記載が見受けられます。 NHKの取材によると、資生堂はすでに管理職を対象にジョブ型人事制度を導入しており、2021年には一般社員(3,800人)まで広げる方針とのことです。 ※参考ジョブ型が会社を変える!?(おはよう日本/NHK NEWS) 資生堂では職務記述書を活用 資生堂のジョブ型人事制度では職務記述書を導入しています

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

全ての記事が無料で読めます メールアドレスで登録 会員の方はこちらからログイン

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目