伊藤忠商事の人事制度を徹底解説!方針や目的、評価体制は?

カテゴリ: 一般公開
2020年9月、世界的投資家として知られるウォーレン・バフェット氏が、日本企業に巨額の出資をしたことが報道されました。その日本企業とは伊藤忠商事です。今回は伊藤忠商事の人事制度について詳細を解説していきます。 伊藤忠商事の人事制度 “アメリカの著名投資家、ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイは8月30日、日本の5大商社の株式をそれぞれ5%超まで取得したことを発表した。” ※参考バフェット氏が5大商社に価値を見出した理由(東洋経済ONLINE) バフェット氏は、日本の5大商社を全て購入した人物として知られており、5社の保有時価は約6,000億円とされています。 商社とは、日本特有の世界的に珍しい企業形態であり、外国人から注目されやすい傾向があります。そんな商社の中でも特に出資額の高い商社が伊藤忠商事であり、保有時価は2,242億円です。 伊藤忠商事は、以前と比べて急激に業績が伸びてきました。世界的に注目される企業の人材育成制度はとても参考になります。早速、伊藤忠商事の人事制度を確認していきましょう。 方針・基本的な考え方 ※参考伊藤忠商事 人材育成(伊藤忠商事株式会社

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

全ての記事が無料で読めます メールアドレスで登録 会員の方はこちらからログイン

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目