ジョブ型社員の正しい育成方法を解説!人材育成の「3つのリング」とは?

カテゴリ: 会員限定
昨今、日本の企業では旧来のメンバーシップ型雇用から、ジョブ型雇用に移行しようという気運が高まっています。会社の雇用制度だけジョブ型に移行しても、人材育成の体制なども整備しなくては組織が機能しなくなってしまいます。今回はジョブ型雇用制度における正しい人材育成方法を解説していきます。 メンバーシップ型雇用からジョブ型雇用へ移行する流れ 欧米の一般的な雇用形態はジョブ型です。フルタイム勤務であること、無期契約であること、直接雇用の関係にあることや、職務内容を限定して専門性を高め、スキルや実力が重視されます。 対して日本のメンバーシップ型雇用は、職務内容や配置が限定しない無限定雇用が大きな特徴で、終身雇用を前提に職務選択の自由を放棄する代わりに、研修などでスキルや経験を身につけられ、安定した雇用を受けられます。 なぜ、最近の日本ではメンバーシップ型雇用が問題視され、ジョブ型雇用へ移行する流れが起こっているのかというと、昨今の不景気で会社が固定費として発生する人件費を抑えなくてはいけなくなってしまったからです。 正社員を縮小し、非正規の従業員の比率を増やす動きが起こり、とくに団塊ジュニアの世代な

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

全ての記事が無料で読めます メールアドレスで登録 会員の方はこちらからログイン

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目