アメリカの風土から学ぶ!ジョブ型人事制度のデメリットや導入の課題

カテゴリ: 一般公開
働き方に成果を求めるのであれば、日本がジョブ型人事制度を昔から導入していてもおかしくはないでしょう。しかし日本では、メンバーシップ型の働き方が浸透しており、ジョブ型は一般的ではありませんでした。 その理由を理解するには、ジョブ型人事制度が主流となっているアメリカの風土を知る必要があります。今回はアメリカの組織風土を解説しつつ、ジョブ型人事制度のデメリットや導入の課題などについて考察していきます。 アメリカでジョブ型人事制度が根付いている理由 アメリカでジョブ型人事制度が根付いている理由を理解するために、アメリカの組織風土から紹介していきます。 職場でゴミ箱を掃除すると怒られる 日本人がアメリカの拠点で勤務すると、職場で興味深い出来事に遭遇することがあります。それはゴミ箱の掃除です。 一般的に日本では、ゴミ箱を空にしてきれいにするのがマナーだと考えられています。しかしアメリカでは、社員がゴミを捨てようとすると、意外なことに怒られてしまうのです。 昔の日本では、職場における身の回りのことについて、自分達で整理するのが当たり前とされています。女性が上司にお茶を用意することですら一般的であった

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

全ての記事が無料で読めます メールアドレスで登録 会員の方はこちらからログイン

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目