ジョブ型人事制度は時代遅れ?アメリカで本当に注目されている働き方を解説!

カテゴリ: 会員限定
日本では、大手企業を筆頭にジョブ型人事制度が導入され始めています。その一方で興味深いことに、アメリカはジョブ型人事制度の限界を感じる段階に入りました。今回は、ジョブ型人事制度に関する誤解や、新たに注目されている働き方、時代遅れである根拠などを解説していきます。 ジョブ型人事制度に関する誤解とは? 日本で注目されるジョブ型人事制度には、さまざまな誤解が見受けられます。ジョブ型人事制度の背景を振り返りつつ、誤解に目を向けてみましょう。 ジョブ型人事制度の背景 ジョブ型の概念を提案したのは、労働政策研究・研修機構労働政策研究所長である濱口桂一郎氏です。 濱口氏は労働問題や雇用政策の第一人者として知られています。非正規労働者の急増にともない、ブラック企業による過重労働や不当な転勤、搾取などを改善するために、メンバーシップ型とは異なる欧米流の概念を取り入れたのでしょう。 誤解1.ジョブ型は限定正社員と混同されがち 過去に限定正社員という言葉がはやりました。この雇用形態は地域を限定した正社員です。たとえば、地方の工場で採用し、将来に工場が閉鎖されたら契約が終了します。 当時は地域限定正社員と呼ばれ

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

全ての記事が無料で読めます メールアドレスで登録 会員の方はこちらからログイン

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目