メンバーシップ型雇用から一番遠い国のお話

カテゴリ: 会員限定
Team of business people stacking hands ジョブ型とメンバーシップ型は、人事業界において議論の的になっています。日本では、特にジョブ型が注目されつつありますが、世界的には正しい風潮なのでしょうか? ジョブ型の導入に関する是非を考察するために、実は社員の仕事に対する熱意が重要な指標になります。今回は専門機関の調査結果をもとに、日本の人事制度に関する論調を考察していきましょう。 日本人の社員に熱意はあるか? アメリカのギャラップ社は、米国最大の調査企業です。ギャラップ社は、世界各国の企業に対して、仕事の熱意度を調査しました。 対象となった国は139ヶ国です。果たして日本は何位だったのでしょうか。ちなみにアメリカでは、熱意あふれる社員の割合は32%でした。対する日本は、わずか6%だったとのことです。 結果として139ヶ国中132位となり、日本は最下位に近い状況でした。 ※参考働く人の幸福度をはかるたった12の質問 -日本企業は世界でも最下位レベル-(PRESIDENT Online) 企業には、周囲に不満をまき散らす社員がいます。企業内で諸問題を生むと考え

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

全ての記事が無料で読めます メールアドレスで登録 会員の方はこちらからログイン

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事