メンバーシップ型はオワコン?定義やアップデートする方法を解説!

カテゴリ: 会員限定
ジョブ型雇用が注目されるにともない、メンバーシップ型が軽視される風潮も見受けられます。メンバーシップ型は、現代の日本において、本当に不必要になったのでしょうか。 正確な議論をするには、まずはメンバーシップ型の定義に立ち返る必要があります。今回はメンバーシップ型の定義を振り返りながら、ジョブ型を含め理想の雇用形態を探っていきます。 メンバーシップ型の定義 多くの日本企業は、自分たちの働き方をメンバーシップ型だと認識しています。しかし、メンバーシップ型の定義を正確に理解している企業は、少ないといえるでしょう。 メンバーシップ型は、濱口桂一郎氏(労働政策研究・研修機構 労働政策研究所長)が名付けたことが知られています。 濱口氏によると、メンバーシップ型の定義は下記の通りです。 “職務も労働時間も勤務場所も契約で限定されておらず、無限定、すなわち使用者の命令でいくらでも変えられてしまう雇用のあり方を、企業という「共同体」のメンバーになるという意味で「メンバーシップ型」と呼び、日本以外で一般的な職務も労働時間も勤務場所も限定される「ジョブ型」と対比した。” メンバーシップ型の定義のポイントをまと

続きを読むには会員登録(無料)が必要です

全ての記事が無料で読めます メールアドレスで登録 会員の方はこちらからログイン

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事